×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

中堅黒豹きんくんのおすすめ動画研究所

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ヘルター・スケルター
2.西村宗
3.タイガーマスク
4.ミステリアスハウス
5.サムライスピリッツ 零
6.千原ジュニア
7.俺たちは天使だ
8.角栓
9.村上啓介
10.ウディ・ガスリー

i-mobile
名探偵夢水清志郎事件ノート(6) ギヤマン壺の謎 (KCデラックス) 夢水清志郎シリーズ第6弾は、青い鳥文庫の原作でも異色である大江戸編です。
お馴染みのメンバーや新登場のキャラたちが幕末の世で赤い夢をみる...

いつもの話と比べて教授はかっこよさ5割増しでした。
幕末という日本の転換期を、教授という人間が眺めたとき、語ったとき...そんな姿が素敵でした。

大江戸編のこれからを待つにあたりまして...梅太郎さんをよく覚えておく必要があります。
教授と笑顔で語りあい、非常に大切な時間を過ごした彼。
次巻が楽しみです。

JFK 加納秀人、ジョニー吉長、フクシンによるトリオ・バンド。
かつて加納が組んでいた「外道」の現代版とも言えるが、バンドの技術的レベルはこちらの方が格段に良い。ジョニーのドラムは相変わらずタイトで切れが良く、フクシンのベースは重心の低い「ベースらしいベース」と言える。このシャープなドラムと重たいベースに乗っかる加納のギターは、ストラトキャスター然とした乾いた抜けの良い音で暴れまわっているという印象だ。
加納秀人は技術的にもしっかりしたギタリストであるのは間違いないが、それ以上にギタースタイルに“華”があるタイプで、強いて言えばCharに似たタイプ。単なるギターテクニックが身上のギタリストは他にも沢山いるが、それを拠り所にしているギタリストではなく、フィードバック奏法やリフを刻みながらの豪快なギタープレイで魅了するギタリストだ。Charのように独特の手癖があるわけではないがキャッチーなフレーズを小気味よく披露する事が出来る、フレーズで魅了するという面で天才的なギタリストである。このアルバムでも彼のギターは聴く側を決して飽きさせないプレイを披露している。ボーカリストとしての声質も、昔と変わらずで全く衰えていない。
楽曲は外道時代と似ていて直線的なものが多く、見方によっては可笑しな歌詞も多いが、ロックの身上である「怒り」を叩きつけるような歌詞はある意味では見事。加納作の楽曲とジョニー作の楽曲とのコントラストが面白い。またジョニーもピンク・クラウド解散以降は妙に落ち着いた雰囲気があったが、このトリオで息を吹返したような印象がある。久々に燃えている感じ。トリオという最小限の編成でこのパワーとアンサンブルはさすが。そこいらのワカゾーのバンドとは比較にならないくらいの巨大なパワーを持ったバンドが現われた。こぞ「ロック」だ!。

1989.11.04 芝浦INK STICK [DVD] 当時の懐かしい映像がとても楽しめます!
個人的に”からまわり”が大好きなので、非常に楽しめました!
”まーちゃん”も結構必死なんですね!(笑)
”Passing Time”を観てCharのギター&ボーカルの上手さを再認識しました。

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!