×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

史上最大のグレムリンゆきちゃんのばっちり動画王国

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.Bisou-Bisou
2.Double Six of Paris
3.Kings of Convenience
4.虫姫さま
5.ウッチャンナンチャン
6.須藤理彩
7.渋谷
8.hiro
9.横山由依
10.Lee Joon Gi

新解さんの謎 (文春文庫) 僕らは辞書を引く。本を読んでいて知らない言葉に出くわしたときに、しぶしぶ辞書に頼る。しかし、意味を確認した上で「用例」に何が書いてあるかは見もしない。それが、普通の日本人の普通の国語辞典に対する態度というものだろう。少なくとも、僕と辞書との付き合いはそうだった。だから、あらためて手元の辞書で「用例」と引いてみても、やはり「実際に使われている例」とだけ簡潔に説明されているし、僕はそれで満足だ。

しかし、新解さんの「用例」は違うらしいのだ。それは、むしろ「(自分の論を説明・証明するために)他の文章や事例を引くこと」になってしまっているらしい。つまり、これは「引用」行為だ。なぜ、辞書が引用をするのか。そこが本書のでいう「謎」、なのだ。

面白くて、楽しい。これを読んで、僕も新解さんのように「攻め」に挑戦したくなった。


ダウン・バイ・ロー コレクターズ・エディション [DVD] 映画のはじめ、トム・ウェイツの音楽に乗せられ、すぐに映画の世界に引き込まれます。

トム・ウェイツは音楽だけでなく、役者としても魅力的なアーティストだなって思いました。

もちろん、ジョン・ルーリー、ロベルト・ベニーニも文句のつけようのない名演を見せて

くれています。個人的に、ロベルト・ベニーニのしゃべる片言の英語が大好きです。

肩の力を抜いて、あまり構えず見て欲しいお洒落な映画だと思います。

千利休―無言の前衛 (岩波新書) タイトルからして難しい芸術論かと思いきや、前衛芸術という意外な切り口からのエッセイ集。
著者自身が元々茶の湯どころか歴史も大して知らないというところからスタートしている思索だから面白い。茶の湯に対する一風変わった切り口をご覧あれ。

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!