×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ファイナルせんとくんろんちゃんのめきめき動画王国

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.久保ミツロウ
2.恩田陸
3.アークザラッド3
4.ママは小学4年生
5.ちゃむ
6.ジュリア
7.二人の世界
8.サイレントメビウス
9.アイス・ストーム
10.中島みゆき

オジー降臨 [Blu-ray] 2012年リリース。偉大なるブラック・サバスでの栄光と挫折、ソロでの偉大な大復活劇、彼を絶望の淵に追いやったランディ・ローズの事故死、家族との離別、現在の妻シャロンに対する殺害未遂罪での投獄… 本当に何故未だこの世に彼が存在しているのかが益々理解できなくなる数々の伝説を彼の息子であるジャック・オズボーンが製作/企画を務め、“狂人”オジー・オズボーンのこれまでの人生と“クリーン化”に成功した現在の姿を捉えたドキュメンタリー映画。サバスのメンバーや家族は勿論、ロバート・トゥルージロ、ヘンリー・ロリンズ、ジョン・フルシアンテ、トミー・リー、そしてポール・マッカートニー等、彼を慕い尊敬する人間たちからのコメントも必見。特典映像として、未公開映像や特別インタビューなども収録。
「とはずがたり」を旅しよう (講談社文庫―古典を歩く) このシリーズ、いくつか読んできましたが、本書では驚くべきほど作者(富岡さん)の姿が前面に出てきません。作者の美意識や価値観、そして主人公(本書では二条)への共感が、普通は「古典を歩く」シリーズの旅のモチーフとなるのですが、ここではむしろ淡々と「とはずがたり」の筋が時系列的にたどられていくだけです。
そういう意味では小説(新とはずがたり (講談社文庫))以上に原作の筋を忠実にたどるには役に立ちます。「死ぬほどの悲しさ」で取り上げられる、伏見離宮での三日間の部分の描写は、抑えられていますが、これは確かに異様なシーンであり、著者も相当のスペースを与えています。
上記の小説とは違い、本書の半分は出家後の旅にスペースが与えられているのですが、この部分でも土地の魅力が浮かび上がる事はありません。むしろ著者により強調されるのは二条にとっての後深草上皇の存在の大きさでしょう。とはずがたりの著者が訪れた場所もそれなりに著者により再訪されているのですが、著者の著述があまりにも抑えたものであるためでしょうか、どうも薄い印象しか与えないようです。
ところで、今気がついたのですが、この「古典を歩く」シリーズ、すべて著者が女性作家なんですね。これはこれで別の解明を必要とするテーマなのかもしれません。

男流文学論 単行本が出たのが10年前なこともあり、一般的な読者にとっては、ここで取り上げられている「男流」達は村上春樹を除いてあまり「今」の人たちではありません。でも世間では傑作扱いされている沢山の「男流」作家作品に描かれている、女性のありように対し、「何コレ?」「こんな女性いるわけないでしょ」「勝手にこんな女性像を押しつけないで」、とシラけた経験のある女性にとって、胸のすく思いがする本です。
☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!