×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

紺碧のマタドールリッチーくんのフランキー部屋

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ユリア・フィッシャー
2.ケイト・ノタ
3.ドラゴンクエストIII そして伝説へ…
4.Destiny's Child
5.五味康祐
6.エディ藩
7.駅伝
8.宇都宮
9.ゴールデンアイ ダーク・エージェント
10.三田紀房

hadairo 小野真弓DVD [DVD] 下半身に適度なむっちり感がでてきて、大人の色気を感じる。ポージングもとてもセクシー。私の好きな真弓さんのおへそまわりの曲線美も堪能できる。個人的には、真弓さんの最高傑作という評価です。
国仲涼子 写真集 『 COLORS 』 本の帯にあった、
「はじめての冒険、はじめての挑戦」
というキャッチを見れば見るほど、
やはり、この写真集は物足りなさを感じました。

まず、オールカラーの98ページには、
ホテル、公園、川辺、ビーチとあるように、
野外が多めです。

なのでカットの多くは、
外では過激なショットは出来ないので、
室内でのみ、際どいカットを披露しています。

とは言え、「際どい」と言っても、
全体的に、シースルーの生地を通して、
肌が透けているショットがメインなので、
昨今よくあるような、
「頑張って限界まで脱ぎます」というような、
数あるアイドル写真集から比べると、
露出は控えめだと思いました。

この露出という要素で言うならば、
終盤に多くを割いた、ベットでのショットが見せ場でしょう。

しかし、数点は胸の谷間を見せているものの、
ほとんどが布に隠れてるおかげで、
体の線や、ポーズのラインが分かりにくい構図ばかりで、
いまいちインパクトが弱めなのが残念です。

そもそもトーテルで見た時に、
タイトルになっている「COLORS」という割に、
全体的に「白」の要素が多いのは違和感があります。

前半の数ページだけダークなイメージがありますが、
後は、どちらかと言うと清楚、ピュア、無垢というような、
ホワイト1色でまとまっているように思います。
あと海を入れるなら、青の要素は若干ありますが…。

これを深読みするならば、
白い色の中にも、違って見える色があるよ!
みたいに解釈する事は出来ますが、
でも、やはり、自信を持って「COLORS」と呼べるような、
幅広い彩りのバリエーションは、あまり感じませんでした。

さらにOFFショットも、
小分けにされた買い物めぐりショット、公園散歩ショットが、
2セットあるだけで、親近感が沸くまでに感じ無いのが惜しかったです。

総じて、コストを考えれば、
生写真1枚、メイキングも付いてのお得に思いたい感覚と、
国仲涼子」という女優の頑張り度も評価したい一方で、
やはり期待していた露出度は控えめで、
見せ方や演出で大きく損をしている印象です。

そもそも川や海に行きながら、
水着ショットが1点も無いのも不思議に思いました。

人体冷凍  不死販売財団の恐怖 テッド・ウィリアムスという野球選手をご存じだろうか?メジャーリーグ最強のスラッガーと謳われ、4割の打率をマークしたこともある国民的英雄である。しかし、その輝かしい栄光とは裏腹に、晩年には彼の人生に暗い影を落とすような出来事があった。その遺体は今、カルト教団の手によって頭部のみが冷凍保存されているのだ。その教団の正体とはいかなるものか?本書は、そのカルト教団「アルコー延命財団」を内部告発した著者による、戦慄のノンフィクションである。

クライオニクス・・・「病気で死んだ人間の身体を冷凍保存する行為。その病気の治療法が開発された未来に甦り、新たな人生を送ることを主な目的とする。人体冷凍保存術」。それが彼らの信仰の拠り所でもある。彼らはそれが、「高度に医学が発達した未来への救急車」であると信じているのだ。

彼らは未来に対し三つの賭けを行っている。それは復活を遂げるまでに、その会員の死因となった病気を克服する術が見つかっていること。そして、冷凍保存で損傷した傷が回復する術が見つかっていること。また、頭部のみ冷凍保存している会員については、仮に胴体がなくても脳によってあらゆる制御が可能な技術が開発されていることである。仮にそうして、無事復活をすることができたとして、果たして心が耐えられるのかどうか・・・

著者はアルコー財団での日々を重ねるにつれ、その杜撰な実態を知り、やがて告発を決意する。しかも、彼とその家族はその告発によって、財団から命を狙われる羽目にも陥ってしまう。その勇気には敬服し、同情も感じるのだが、本書の記述を追っていく中で「途中で、おかしいと気付くだろ!」という突っ込みどころが満載なのも事実である。そういった意味で、本書をコンテンツとして割り切るのなら、そのストーリーテーリングについては若干の物足りなさを感じる。しかし特筆すべきは、この話がすべて実話であり、今でもその財団が存在して、HPも見られる状態になっているということなのである。

話の内容の凄まじさに加え、グロい写真も掲載されていたりするので、全ての人におススメという本ではない。ただし、ある意味突き抜けている一冊でもある。とにかく刺激を求めたいという方は、是非ご一読を。

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!