×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

流星のパリっ子ベンちゃんのお気に入り研究所

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.スペクトラルフォース クロニクル
2.由河朝巳
3.ジェイシー・チャン
4.フランス婚
5.小林賢太郎
6.ご飯メーカー
7.ZETMAN
8.山田章夫
9.佐々木淳子
10.シルバーウッド

I'mTOY ミュージックステーション はじめからヨーロッパ式のいわゆる調整音楽を習わせたいのであれば、調律をしてあると明記してある木琴を購入しましょう。ただし1万円強でも正確な調律がしかも木できているかといえば到底無理です。幅広い意味で音を感じる楽しむという目的であれば楽しければ目的は果たせています。すでに音楽は12音階の平均率で成り立ついわゆるクラシック音楽で成り立つジャンルはごく一部です。西欧式音楽をベースにする音大に入れたい場合は最初から楽器店で高価でもしっかりした「楽器」を与えましょう。自分で加工してもかえって並んでいるようで変に近いだけで逆効果です。ばらばらの方が別のものだと認識できるので弊害は少ないでしょう。
酒井家のしあわせ [DVD] 29歳の監督の初長編作品としては評価できると思います。ですが、俳優さんのよいところは引き出されているものの、全体としては何かが余計で何かが足りない気がする作品・・・うまく言えないのですが。

俳優さんたちの感想。
次雄役の森田直幸くんは掛け値なしにすばらしかった。抑えた演技が求められる中で、微妙な感情を、表情で身体全体で実に能弁に表現しています。本格派として要注目!
継父役のユースケさんは、キャリアに加え、持ち前の独特な存在感と丸まった背中で期待に応えていました。ここぞという時のセリフ回しがたまらなく印象的。
母親役の友近さんは適役。なのに時折本業の「芸」がちらついて、作品の中の一人として見られないことも。うまいと言ったらとてもうまいのだけれど・・・頭を切り替えて見られなかった自分が残念。

テーマは家族ですが、次雄と友人たちの描写もよかった。学校の下駄箱のところで友人とじゃれあっている場面や、狭い部屋に男友達同士集まってバカっぽく(?)ゲームなどに興じている他愛ない場面が、好ましかった。ああ、男の子っていいなと思わせるものがありました。男の子を撮るのがうまい監督なのでは。少年の群像劇というのかな、彼らをフォーカスした作品を見てみたいと感じました。

監督による小説版も出ており、あわせて読まれることをおすすめします。よく語る次雄(小説)とあまり語らない次雄(映画)、両方味わうと一層興味深いです。

ステイション・トゥ・ステイション(紙ジャケット仕様) あんがいボウイの作品中でもっとも愛着があるのは「野性の息吹き Wild is the wind」かもしれないと思う、 もちろん自作トラックでもっといいのはたくさんあるが、ベスト歌唱とすれば「野性の息吹き」は最上の一つでしょう、 2001年だったか久しぶりにマイク・ガーソンを迎えたバンドのBBCシアター公演が放送されたことがあったが、オープニングがこの歌であまりの新鮮さに驚愕した記憶がある、

この曲は1957年の同名のアメリカ映画主題歌、監督ジョージ・キューカー、主演アンソニー・クイン、音楽ディミトリ・ティオムキンという当時の第一人者たちによる名作らしいのだが世界的にDVD未発売、VHSさえも発売されたのか確認できないくらい現在では幻の映画、 オリジナルの主題歌はジョニー・マティスが歌っておりジョニーのベスト盤CDで聞くことができる、

手元に映画公開時に発売された45回転のシングル・レコードがある、日本コロンビア発売:型番LL-103というもの、A面がミッチ・ミラー楽団による「戦場にかける橋」のテーマ「クワイ河マーチ」、B面がジョニーによる「Wild is the wind」を収録、 解説によれば「映画中でジョニーが唄っているメロディ」とある、解説を信用すれば映画の冒頭やエンディングで流れるのではなく劇中のどこかのシーンで歌われたということなのだろうか、ぜひ映画本編を見て確認したいものだ、 このレコードでは題名が「荒野をわたる風」となっていて映画の日本公開前に発売されてしまった可能性があると思わせます、

ジョニー・マティス・バージョンはもう説明無用のクルーナー歌唱、 日本で言えばムード歌謡調にあたるかな?
ボウイのような凄みはないがよく通る甘いテナーボイスが心地よいラヴ・ソング、

ジョニー版を聞くとボウイ版のアレンジがオリジナルをよく踏まえたものであることがよく分かるし、ボウイの歌唱の凄みに貢献しているのがドラムとギターであることも再確認できる、

大きな違いがじつはボウイはオリジナルの最後の歌詞を省略していること、 ボウイ版がタイトルのリフレインでアルバムを締めくくるに相応しい叙情を醸すの対して、オリジナルではタイトルの繰り返しの後に"Wild is my love for you"と歌われて終了するのだ、 繰り返されるワイルドの意味は映画を見てみないと何のことがわからないのだが、歌詞にある「あなたが私に触れるから、マンドリンの音が聞こえる」といった生々しささえ感じるエロティシズムを差すだろうことは想像できる、 ましてや映画はアンソニー・クインが主役を演じるメロ・ドラマらしいのだから、 

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!