×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

暁の勇者王ほ~くんのくりくり動画

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.FUNK FUJIYAMA
2.ギャラクシアン
3.てるてる家族
4.終わらない夏
5.きたろう
6.天使のしっぽ Chu
7.Moo.念平
8.Magnum
9.それゆけ 徹之進
10.真中海

i-mobile
東京クレイジーパラダイス 話的には最初の方のお金を稼ぎたかっている司に借金攻撃の竜二です。演じている声優さんは、すこしアニメが好きな方だったら誰でも判るという超豪華ぶり。私は個人的に堀内賢雄さんの鴨さんがオススメです。熱い司に吹っ飛ばされる竜二がグ-です。ある日の一コマといった感じのストーリーです。オススメ。
チャイナ・シャドー [VHS] 「ウォール・ストリート」を見ていたら本作を思い出した、なんとまだDVD化されていないとは! 90年代ならまだジョン・ローン人気は続いており、レンタル店には一そろいは並んでいたものだが、さすがに商業的に成功した「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」「ラスト・エンペラー」の2作だけは品切れにならずにDVD購入できるが、ジョン・ローンがいなければ映画化できなかったはずのクローネンバーグの名作「M・バタフライ」も容易に見られないとは、この方面を検索してみると同じ柳町監督の「火まつり」もクローネンバーグ「戦慄の絆」も鑑賞には少々の障害があるなぁ、「火まつり」を見た当時と異なりいまなら原始信仰を自分の言葉として語れるからぜひ見直して「さて柳町の視点はどうなのか」などとレビューしてみたいし、「戦慄の絆」も実話が元になっている点とジュヌビエーブ・ビジョルドの濡れ場の意味など書き込んでみたいものだが、

なぜ「ウォール・ストリート」で本作を思い出すかというと、本作でジョンが演じる主人公が投資銀行家という設定でやはり企業買収が物語のキーポイントになっているからです、 原作小説の西木正明「スネークヘッド」を大胆に脚色して天安門以後の香港を舞台に若干の政治サスペンスを盛り込んだ娯楽作として面白いのではやくDVD化してもらいたい、けっして映像が優れている作品でもないのでつたやの発掘DVDにでもぜひ並べてほしいものです、きれいな顔という点ではジョン・ローンは映画史のなかでもトップクラスは間違いないのだから店の棚に並べれば現状のように東アジアの二枚目が人気の時代は手に取るファンはおおいはず、

当時、ジャッキーチェン映画ですっかりなじみなっていた香港の風景だったが、日本人監督なのでやはり切り取り方が違う、とても新鮮な印象で香港を見れたのだった、 物語は文化大革命の破綻直後、中国から香港へ亡命するシーンから始まる、つまり「ラスト・エンペラー」のラスト・シーンが本作の冒頭に直接つながっているとも表現できる、 劇はさらに大東亜戦争にまでさかのぼり日本・中国・香港の戦後史を貫いた悲劇性をもってクライマックスを迎えるというなかなか大胆な娯楽作なのでDVD発売になったらまたレビューしたい、

若き佐藤浩一は演技はさすがだがジョン・ローンと並ぶと線の細さが驚くほど、「ラスト・エンペラー」で第二夫人としてジョンと共演済のビビアン・ウーの愛らしさがシャドーというタイトル通りの少々陰気な物語を明るくしている、サントラも発売されている清水靖章によるノイズが濃いサキソフォンが返還前の香港の不安を象徴させておりじつに素晴らしい効果を発揮、

先に映像はけっして優れていないと書いたが、数箇所挿入されている主人公に乳幼児時代の記憶がフラッシュバックするシーンのいわく言いがたい郷愁のような情緒が素晴らしく、そのシーンだけは別な監督の演出かと思われるようなきれいな撮影だった、ここで主人公の母を演じた女優の名前を書きたいがそれではいわゆるネタばれになるのでちょっと我慢したい、柳町監督は女優をとても美人に撮影できる人だとそのシーンで誰もが確認できます、

この時代はどうしたわけか、「ウォール街」の大成功の故か、投資銀行家が主人公の映画がそれなりに製作された、「プリティ・ウーマン」がそうだし、「ゴースト」でパトリック・スェイジが演じた役もそう、タイトルは忘れたがロンドン版の「ウォール街」のような映画も見た記憶がある、

この映画は確か1990年?のロードショー最終日の最終上映、つまり金曜の夜に(たぶん日比谷映画だったとおもう)見た記憶がある、その回は観客は満員だった、本作の中でジョンがメモ・シッターとかメモホルダーとかの商品名で販売されている小さいメモ用紙を皮の台紙に挟んで持ち歩ける文具を使っているのを見て、あれは便利だなと自分もすぐ購入し実はいまだに同じものを利用しているので印象深いともいえる、レビューを書いていて思い出したが本作でジョンが愛用する車が往年の名車ジャガーマーク2で渋い光沢のペイントだった、

生の短さについて 他2篇 (岩波文庫) ローマ時代から脈々と読み継がれる哲学書。

著者は言う。誰もが人生は短いと嘆くが、実際には人生は長い時間で構成されており、短く感じるのは自身が惰性で時間を浪費しているためである。本書のメッセージは、これに尽きる。自身の生き方を省みて、反省あるのみ。

誰もが心の奥底で感づいているが口には出せない真実を、鋭い言葉でえぐり出しています。加えて2000年の歴史の洗練に耐えてきただけあって、言葉の非常な重みを感じます。真に本書の冒頭数ページを咀嚼し実践できれば、人生は素晴らしく充実したものとなるでしょう。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!