×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

野田酒気帯びち~ちゃんのむっちり携帯動画館

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.本多
2.バートン・フィンク
3.朝日航洋
4.日本妖怪
5.ゴーバンズ
6.清水由貴子
7.熱いトタン屋根の猫
8.きんぎょ注意報
9.ラルク
10.インディ・ジョーンズ

ライフ・イズ・ビューティフル (角川文庫) 婚約者のいるドーラを口説いてついに結婚したときも、ユダヤ人収容所で幼い息子のジョズエを戦争の牙から守り通したときも、グイドはその愛の力で奇跡を起こしたのです。全編にユーモアがあふれる楽しい物語ですが、「神ではなく、人間の愛こそが奇跡を起こす。だから人生って素晴らしい」ということを、ベニーニは言いたかったのかもしれません。
Nirvana 突然発売されたNIRVANAのBESTアルバム。
長い間噂が流れていた分だけ物足りないような感じである。
未発表曲は1曲あるが、オムニバス「NO ALTERNATIVE」収録曲等の正規アルバム未収録曲を入れたり、ライブ音源を使うなら未発表音源を使うなどの工夫をして欲しかった。
(U2のベストみたいなのが理想かな?)

しかし、これ1枚でNIRVANAの入門編的作品集(音もリマスターされて良くなっている)であることは間違い無いと思います。


ニルヴァーナ:ザ・トゥルー・ストーリー 著者はコートニーの友人でもあるので、極端に彼女を批判しまくりの意見とは一線を画している。なのでアンチ・コートニー派の方には不向き。しかしカートとも交友が深かった著者は(ダニエル・ジョンストンTシャツの持ち主は著者)、コートニーを過分に持ち上げてもいないし、クリスやデイヴを悪く書いてもいない。とにかく公平な目線が好印象。冒頭からして「正直な話をしよう。私はニルヴァーナそれぞれの過去をたいして知らない」・・・一貫してその目線でのみ語られる。語り口は軽いが、記録はかなり詳細で、関係者のインタビューも数多く掲載されているから、在りし日のカートが生き生きと浮かぶ。私は彼らの残した音楽に魅入られてはいるけれど、カートの死の前後の一種悪趣味的大騒ぎやコートニーと元メンバーの対立には興味がなかった。なので少し離れた目線で、その死から時間をおいた今、カートの人生と音楽活動を知るのに、ベストな本だと感じた。
☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!