×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

真夜中のオレ竜ぎんちゃんの気になる動画大国

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.Gamma Ray
2.ももいろシスターズ
3.西山英彦
4.歌野晶午
5.Nickelback
6.南極
7.母親
8.ナチュラル 愛のゆくえ
9.サンクス
10.梅雨入り

GUST VOL.100 anniversery 1st 海ニ眠ル花 元々原作が面白いし、声優さんの演技も音楽もよかったです!
おまけ(?)のシロクロの話も笑えました♪

でもそれだけに、完結していないのが残念。このままじゃいろいろ内容的に消化不良なので、値段を上げてでも完結させてほしかった。それか続編を出してほしいです。

その点が残念なので、星は4つで。

キャプテン 1 (集英社文庫―コミック版) 野球漫画と呼ばれる作品のなかでも一見地味だが、実は異色の名作である。美少女との恋愛もなければ、悪球打ちや魔球もなく、プロ野球選手だった父親もいない。監督もマネージャーもいないどこにでもある中学校の野球部員達とキャプテンが、ひたすら努力を続けていくという話である。必ずしもリアリズムに基づく作品ではないにも関わらず、その努力の描写からは他の作品には無い何とも言えないリアリティを感じさせられる。


ちばてつやとジョーの 闘いと青春の 1954日  わたしは残念な事にオンタイムで、「週刊少年マガジン」に連載されていた頃の「あしたのジョー」を知らないのですが、だから矛盾するようですが、この5年間にもおよんだという、ボクシングコミックとしだけではくくることのできない、ましてやスポ根ものでもなく、ジョーを主人公とした濃密な群像コミックとでもいうような凄さがあると思いました。

また、これは共感を得るのかわかりませんが、原作:高森朝雄(梶原一騎)とちばてつやのまったくタイプの違うクリエーターの競作であればこそ生まれた、時は流れても人の心をとらえる作品が「あしたのジョー」の魅力なのだと思いました。若き日のちばてつや氏の「あしたのジョー」に対しての情熱が時を越えて蘇ってきてとても読んでいて熱い想いにかられました。

※炎の漫画家島本和彦著・「あしたのジョーの方程式」「あしたのジョー」(ちばてつやの表現の魅力などについて、虫プロ制作のアニメについてなど)/「島本とジョー」/力石とジョー/カーロスとジョー/ホセとジョー/あしたの方程式 は一読の価値ありです。

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!