×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

非実在獣神ボンくんのフランキー研究所

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.天国のダイスケへ
2.加藤茶
3.クレオパトラ
4.田口淳之介
5.Android
6.匂艶 THE NIGHT CLUB
7.ララベル
8.Song
9.Nevermore
10.セクションZ

脳動脈瘤がある人の不安と選択―脳ドック&脳卒中完全ガイド 2011年9月現在。
わたし自身、最近、未破裂脳動脈瘤がみつかり、ネット上の情報を探しまくり、また、2つの病院の診察も受けました。
この本は、1つだけの書評が悪かったので、敬遠しましたが、本としては医者が書いた本は多々あるものの、患者が書いた本は、これくらいしかなかったので何冊目かの最後に注文しました。
未破裂脳動脈瘤について、ネット上のブログ等の情報は少々ありますが、患者の目線でここまで詳細に書いたものは、ありませんでした。
造影剤を入れたCTA、カテーテル検査の意味、開頭クリッピングかコイル塞栓術かの悩み、入院から開頭クリッピング手術、術後の苦痛、退院まで、どこかのブログでは決して書かれていない詳細度で記載してありました。
2002年初版ですが、2011年現在と比べると、経験とステントの使用によりコイルの適応が増えたくらいで、2011年の今でも医師の名前はともかく、情報量としては、十分に参考となるレベルだと思います。
私としては、医師が書いた本1冊以上+この本1冊を読んだ上で、診察を受けるのがよいと思いました。
未破裂脳動脈瘤の破裂確率等、データ面では、まだまだ、この分野は発展途上ですが、手術を考えるほど深刻な状況であるのなら、この本は、患者にとってもその家族にとっても絶対に参考になると思います。
少なくとも私は、10年後の今でも、ネットや他書では得られない生の声が十分に参考になりました。
ただし、今現在、どの病院や医師がいいか、という点では、情報が古いので参考にはなりません。
しかし、紹介状さえもらえれば、いくつでも病院の受診は可能な世の中なので、記者のこの人と同じとまではいかないかもしれないが、複数病院の受診時の選択の参考にはなると思います。命にかかわることですから、この人は記者だから云々などといっていないで、参考になる情報ならば、どんな情報でも知識として身につけ、果敢に医師に相談すべきだと思いますし、少なくとも私が受診した医師たちは、十分に時間を割いて説明をして頂きました。そのとき、何を聞くかは、予備知識が合った方がよいに超したことはありません。その予備知識として、10年経った今でもこの本は十分に役にたった。

戦争と人間 第三部 完結篇 [DVD] 第二部がやや緩慢なのにくらべて、第三部は戦争映画らしいつくりである。
「アカ」である標耕平(山本圭)が内務班でリンチをうける場面はすさまじい。
いま、これだけの場面をつくる度胸のある制作者はもういないだろう。

左寄りの反戦の台詞を拾いあげればきりがない。
しかし、いまの軽薄な反戦映画とちがうのは、たとえば滝沢修が冷静な資本家を演じているところではないだろうか。
滝沢修が演じる新興財閥の当主は、軍人とは一線をひき、冷静に事業をすすめる実業家として描かれている。
いま、この映画をつくりなおせば、資本家は高級軍人と一緒に酒池肉林におぼれるように描かれるのでは。

治安維持法がらみで逮捕された経歴のある役者が、冷静な資本家を演じる。
この映画のすごみは、こういうところにある気がする。
製作当時は、すごくもなんともなかったのかもしれない。
すごいと思ってしまうのは、戦後生まれの先入観なのかもしれない。

この映画を左翼映画と評するのは簡単である。
けれども、いまの目でみると、みずからの手をよごさないサヨクに対する批判に聞こえる台詞もたくさんあるのだ。
制作年を考えると、学生による生ぬるい反体制運動に対する皮肉がこめられている気がするが、穿ちすぎだろうか。
あれこれ思うと、日本の戦争映画は、昭和初期に生きていた人たちによってのみ、製作されうる気がしてくる。

ピットファイター MD 【メガドライブ】 ヤバイ!
ショボくデジタイズされたキャラクター
チープな音楽 ドラッグに左右されるゲーム性・・・。
たまらねえ。
後にも先にもこんなゲーム、出ないだろうな。
そう考えると、たいしたゲームだ。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!