×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

岡田ホームラン王あ~くんのサクサク雑記帖

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.本田
2.缶詰バー
3.伊藤伸平
4.ストレイテナー
5.佐々木心音
6.いとうたかお
7.プラチナチョコレート
8.喇叭
9.そにしけんじ
10.クリムゾン・タイド

スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃 [DVD] このエピソード2が新三部作のなかで最高傑作だとおもいます。

闘技場に引き出される直前のパドメとアナキンのキスシーンは素敵です。

また、闘技場にジェダイがはじめてほぼ全員出揃い戦いを始めるシーンは感動でぞくっときました。クローン兵士の行進のシーンは帝国軍の誕生を感じさせ恐さをおぼえました。

そして、ラストの夕陽をバックにパドメとアナキンが結婚をするシーンは、エピソード3での悲劇への予兆として、綺麗で哀しい場面です。

#このシーンが新三部作のなかで一番好きです。

スター・ウォーズ エピソード3:シスの復讐 『ファントム・メナス』『クローンの攻撃』と、
これまでプリークエル2作の鬱憤を晴らすかのような音楽のできなのですが、
中でも「英雄たちの戦い」は名実共に『シスの復讐』を代表する曲といえるでしょう。

『ファントム・メナス』の「運命の闘い」のようなコーラスつきの荘厳な、
バトルシーンのBGMなのですが、
『ジェダイの帰還』の「最後の戦い」のルーク対ベイダーの最後の対決でかかった男声コーラスのイメージ、
そして『新たなる希望』のルークのテーマを含め、
さらに木琴の間奏が入るとか、
ちゃんと全体を<スター・ウォーズ>的な曲調にまとめてあるあたりまで含めて
まさしく<スター・ウォーズ>のクライマックスのために曲、になっています。

「運命の闘い」は3部作の1作目で使うには早まった(エピソード3まで温存しておけば)、
とも思えるほどの名曲でしたが、まさかそれにスケール感と悲壮感、
さらには<スター・ウォーズ>らしさまで加味した曲を作ってくるとは、
さすがはジョン・ウィリアムス!でした。

大時代的というか、ガチャガチャ感というか、
純音学としては少し破綻したような感じこそが
<スター・ウォーズ>を感じさせてくれます。
これこそファンが待っていた<スター・ウォーズ>音楽の新作!


7日間続ければあなたは変わる ピッカピカ―今日からあなたを接客サービスの天才にする本 『こんな風に接客されたらうれしいなぁ…』

と、普段接客業をしているにも関わらず感じた1冊。

毎日何らかの形で接客サービスを受けている中で、心に残る、思わず笑顔になる接客にめぐり合うことってなかなかないし、できてる自信もなかった私。

この本がすごいのは、ささいな一言がお客様の心を掴むという実践術が豊富なところ。そしてそれはすぐに試せるものばかり!!

項目ごとに実行したらページを折ったり、塗ったりできるので、読んだあとの実践にも大活躍です。

これから本がくたくたになる位活用して『接客マスター』道を極めます。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!