×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


上級二塁手ろんちゃんの衝撃動画倉庫

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.A BATHING APE
2.寺島陽介
3.バード
4.ノスタルジア
5.Steely Dan
6.ロックマンX3
7.尖閣は琉球
8.いなだ詩穂
9.バツ彼
10.嗚呼玉杯

コンペティション〓80米〓 [VHS] この映画はなつかしいです。公開当時、コンペティションというコトバがまだみんな、どういう意味?と一瞬思うような時代で、ああ、競争、ということなんだ、コンテスト、コンクール、なんだ、と理解してコンペティター、なんて言葉も流行った覚えがあります。
クラシック音楽業界の登竜門に挑戦する若者たちの世界を見ることができます。才能を持ち、夢をもってピアノを練習してきたものの、それぞれの事情を抱えながら、コンクールに集まってくる演奏家の卵たち。
クラシックというと、演奏方法や曲の解釈の伝統があり、それにのっとってみんな練習に励むわけですが、よく、日本では邪道や自己流は許されなかったような時代が昔あったと思いますが、アメリカに行くと、自分の個性を出しなさい!!!
と逆に言われる、と聞いたことがあります。いずれにしてもソロ・プレーヤーのコンペティションなので、個性をパッショネイトにアピールできるほど評価されるし、聞く人をパワフルに感動させます。この映画では、なかなかの素晴らしい演奏が
聞けて、もちろん全曲ではないけど、楽しいです。
挑戦者それぞれの事情は、主人公の年齢的なものと家族の事情、また、ヒロインの先生(リー・レミック)との確執、ロシアからのエントリーの女の子の先生が突然亡命しちゃう、とか(冷戦時代)、いろいろあります。
そのなかで、挑戦者二人が恋に落ちたりして、コンクール中にそんな・・・と、大胆極まりない感じもしますが、映画ですから、そういうのもないと、見ていてつまらないし・・・というところかな。でも、結末は、ありがちですけれども面白かったです。
本当に、こういう世界のありがちな話なのに、なんか見ていて面白く、飽きず、それは、役者たちの表情、演技、東部の秋の美しい景色、そして、演奏の素晴らしさ、によると私は思いました。
リチャード・ドレイファスは、さもピアノを弾いている演技をしなきゃいけないわけですが、ピアノあまり弾けないんだろうなーとは思いましたが、ちょっとアクション極端なところがあって、それは、ちょっとあら、という感じでした・・・
ベレー帽をかぶったりしてるのは、グレン・グールドから真似したのかなー、なんて、わからないけど・・・

Jリーグ ウイニングイレブン8 ~Asia Championship~ マスターリーグは、できれば各国のリーグ戦(J1、Kリーグなど)で上位に入ったら、アジアチャンピオンへの参加ができるようにして欲しかったです。はじめからJ1やKリーグのチームがごちゃごちゃしてて、違和感を感じたのは私だけでしょうか?
リアル・タイム・ライヴ・イン・コンサート1992~イン・メモリー・オブ・リチャード・ティー 最高のメンバーによる最高のグルーヴ!
スティーヴガッドとリチャードティーの絡み合いは奇跡としか言いようがないほどに聴く者に至福の喜びを与えてくれる。
ティーが亡くなり間もなく20年。彼が現代の音楽史に与えた影響は偉大だということを改めて感じさせる歴史的名盤である。
いまこの時代にこの感動を味わえることに感謝したい。音質も各楽器のバランスも素晴らしい。この作品の発売に尽力されたビデオアーツにも深く感謝したい。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!