×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


アジアのナンバー2くまちゃんのおすすめ動画天国

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.Lock Up
2.アサヒ
3.FUBU
4.浜圭介
5.あげぽよ
6.カルビー
7.BORO
8.心太
9.福嵐
10.2チャンネル掲示板

100曲モーツァルト =10枚10時間3000円= モーツァルトの作品の中から100曲を選曲して、10枚のCDにそれぞれ表題を付けて割り振ったオムニバスです。

各曲の演奏者がだれであるかは、付属のブックレットに載っていますが、録音時期については書かれていないのが残念と言えば残念かも。

でも、音質はことさら古さは感じませんでした。

天才モーツァルトといえども、彼の作った曲全てが傑作ではないため、こうしたベスト版的なCD集を発売する意義はあります。けれど、個人的にすごい傑作と思っている曲が入っていなかったり、?と思う曲が逆に入っていたりするので、この辺は個人の好みの問題もあるのかもしれませんが、もっと選曲を精選して欲しかったような・・・。

しかしながら、100曲を3000円で購入可能なのは魅力です。

モーツァルト入門としてはまずまずだと思います。

モーツァルト:交響曲第35番「ハフナー」、第40番、第41番「ジュピター」 ラファエル・クーベリック(指揮) バイエルン放送交響楽団/SACD 巨匠クーベリックが、1980年に、その前年まで18年間に渡り首席指揮者を務めたバイエルン放送交響楽団と録音したモーツァルトの後期6大交響曲から、第35番、第40番、第41番をカップリングした、エソテリック社リマスターによるSACD/CDハイブリッド版である。

モダンオーケストラによる優雅で大変格調高い演奏として以前より名盤の誉れの高い演奏であったが、今回、エソテリックのリマスターによって、演奏の美観がより一層高められた感じがする。
各楽器の配置が明瞭に感じられるようになったし奥行き感も高い。左右に配置したヴァイオリンが響きの一体感を高めつつ、その背後から聞こえてくる中低音の弦楽器群の音とのバランスが実に心地良い。また、木管楽器は、弦楽器の音の波の中から煌めきながら浮かびあがるようで、うっとりするほど美しい。
クーベリックがライヴで見せる情熱的な剛腕ぶりも大好きだが、スタジオ録音での知的で格調高い演奏スタイルは、永く聴き続ける録音には絶対に相応しいと思う。スタジオ録音でライヴのような剛腕ぶりを見せなかったのは、巨匠自身もそのように考えていたからではなかろうか。
ライナーノーツで諸石幸生氏が「当時のバイエルン放送交響楽団の巧さにも舌を巻くモーツァルトであり、こんな演奏を前にしたクーベリックは、満面の笑顔になったに違いないと想像力を逞しくしてしまうほどである。」と書かれているが、その言葉に全面的に頷けるような素晴らしい美しい演奏である。

エソテリック社のSACD/CDハイブリッド版は、流石に、日本を代表するハイエンドオーディオメーカーが、その威信を掛けて取り組んでいるプロジェクトだけに、発売されるどの盤も大変クオリティが高い。少量限定生産だけに、なかなか入手困難ではあるが、発売されるどの盤にも新しい発見があり大変価値の高い商品だと思う。もし気になっている演奏がエソテリック社のSACDとして発売されたら躊躇なく購入されることをお勧めする。あっという間に入手困難になってしまうので…。

モーツァルト生誕250年記念 エターナル:モーツァルト 近くのCD店に注文してもみつからず、色々な方法で探してやっと見つけました。包装状態もよく、聞いてみて音質もよくとても満足しています。
☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!