×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

奇跡の黒幕た~くんのきっちり部屋

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.木之内みどり
2.復活
3.ケルナグール
4.ユキヒョウ
5.ソフトバンク
6.DOUBLE
7.ローランド・カーク
8.三つ目がとおる
9.るあ事件
10.クリスティーナ・アギレラ

ゲリラ 英国はウェールズのカーディフ出身、「Emily」「Ffa Coffi Pawb」といったバンドのメンバーが集まって1993年に結成、当初はテクノ指向のサウンドでしたが、徐々に同郷の「Gorky's Zygotic Munch」あたりと共通するスタンスのスペーシーなサイケデリック・ロック的サウンドへと進化します。これは1999年にリリースされた3枚目のアルバム。ここら辺でちょっと原点回帰というか、初期のテクノ・ライクなサウンドへと再び取り組みますが、ここでも真のオリジネイターぶりを発揮、チープなテイストのオールド・スクール・テクノの手法を用いて、初期とはちょっと違うぞって所を見せつけられます。そして前作にも感じられた抑揚感のあるサウンドがさらに深みを増し、パンキッシュなテイストのストレート・エッジなサウンドから、ピコパコしたエレ・ポップ、奇妙な電子音が鳴り響くスペイシーなチューンまで飛び出します。そんな中で一番目立っているのが、牧歌的とも言える哀愁味溢れるレイド・バック!したサウンドで、ここら辺がバンドの個性となりつつある感じすらします。相変わらずの雑食性でもって多種多様な表情を見せるSFAのマジカル・ポップ・ワールド、ハマると抜け出せませんよ。傑作です!
Fuzzy Logic スヌーザーの【The Essential Disc Guide 2004 あなたのライフを変えるかもしれない300枚のレコード】で紹介されている作品(ディスクNo.126)。

ブリットポップブームの中、デビューしたファーリーズ。
Northern Uproar、Octopus、Mansun、The Longpigs、Marion等と
同時期だったはずですが、最も地味な扱いだったように記憶しています。
しかし、結局のところ、長く残ったのは、ファーリーズだけでしたね。

その理由はやはり作品そのものに刻印されています。
“God Show Me Magic”を筆頭に現在でも通じる名曲でヘンテコな曲揃い。
(デビュー当初はウェールズのブラーと言われてましたな。)
特に“Something 4 The Weekend”はClub SNOOZERのハイライトシーンを
どうしても思い出さずにはいられません。
あのみんなが笑顔で手を振る感じ、最高です。
「僕らはずっと一緒、今もこれからも」

パチスロ シークレットプリンセス ミュージックコレクション 好きなパチスロのサントラでしたので
期待度は普通でしたが、
3曲も歌が入っており、
有名声優さんの歌もあって満足できました。
個人的にはジャケットイラストが凄い好きです!

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!