×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

紺碧のオーパーツごんちゃんの黄金動画評論

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.Ben Stiller
2.Boston
3.天の恵み
4.サウジアラビア
5.LADY
6.Badfinger
7.全力ウサギ
8.川嶋亜美
9.医龍-Team
10.人生は上々だ


イレイザーヘッド デイヴィッド・リンチ リストア版 [Blu-ray] にっかつオリジナル版LDを狂ったように視たモノとしてはこのディレクターズ版の異なるオルガン演奏にいささか戸惑うが、
まるで今そこで起こっているようなハイレゾ感は素晴らしい。
どうせならオリジナル・モノとディレクターズ5.1chも欲しかった
Industrial Noiseの音響に浸る快感、永久の閉鎖感、異形への愛…

真・女神転生 デビルチルドレン 黒の書・赤の書 真・女神転生シリーズの亜流。亜流と書いたのは、悪魔との会話と戦闘があまりにも味気ないから。会話はフキだしだけで済んじゃうし、戦闘も2対2か3で終わってしまう。

この作品は『仲魔』集めに重点が置かれており、特殊な仲魔が様々な手段で仲魔になる。その数実に275体。コレクターなら全部揃えたいところだ。また、『黒の書』と『赤の書』は合体システムが異なる。『黒の書』は従来通り、『赤の書』は今までとは一線を画すもの。

ただこの作品の仲魔は、『悪魔』ではなく『デビル』というデフォルメされた存在。真・女神転生シリーズの本家と比べるとヌルい印象はどうしても拭えない。なんだかお子さま向けという感じがする。そう、お子さま向けって感じだ。

そんなロールプレイング。大人でもコレクターなら楽しめるかな。

あと、某マンガからとある二人が特別出演しており、ファンは見てみるべきだろう。

ライヴ・アット・レッド・ロックス [DVD] 最近、リージョン・フリーのDVD:Live in Chicagoで年齢を感じさせない、華麗さとたくましさを備えた「雄姿」を披露してくれたスティーヴィーだが、私が知る範囲ではそれまでスティーヴィー単独のステージの映像作品は本作しかなかったはず。元は87年ヴィデオでリリースされた作品。画質はさすがに当時の水準のもので、音もリニアPCMステレオのみ。しかも本編58分だけで、1回のステージ全部を記録したものではない。フリートウッド・マック時代の曲は1曲目とメドレーのようにつながる「ドリームス」だけ。それでも3作目のソロ・アルバム発売後、スティーヴィーがソロ活動に意欲的だった時期の貴重なライヴ映像として本作の重みが減ることはないだろう。

レッド・ロックスといえば、私はニール・ヤングのライヴDVDがすぐ頭に浮かぶが、本作は会場全体をとらえたショットも挿入され、ワイルドな自然と溶け合うかのようなステージの演出が幻想的。そして神秘的な雰囲気をたたえて舞い歌うスティーヴィーの姿には魅了される。スティーヴィー・ファンなら本作も入手するべきだろう。ワディー・ワクテルを中心にしたバックに、終盤ミック・フリートウッドとピーター・フランプトンがゲスト出演してステージを盛り上げる。彼女と白い鳩のツー・ショットまで用意されている。

本作は解説と英語の歌詞つき。収録曲をあげておく。

1.アウトサイド・ザ・レイン 2.ドリームス 3.トーク・トゥ・ミー 4.アイ・ニード・トゥ・ノウ 5.ノー・スポークン・ワード 6.美しき野獣 7.スタンド・バック 8.誰かあなたに 9.エッジ・オブ・セヴンティーン

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!