×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

服部妖精のんちゃんのサクサクムービーリスト

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.小松和重
2.平沢由美
3.山本コータロー
4.米光美保
5.梶原雄太
6.愛するということ
7.ダルトン・ボールドウィン
8.ツツガムシ
9.テイルズオブエターニア
10.清水めぐみ

i-mobile
エルム街の悪夢 ザ・リアルナイトメア スペシャル・エディション [DVD] この作品の好きなところは、時間がたつにつれて見ているこっちも夢と現実の境が無くなってしまうところ。
ナンシー役のヘザーやフレディ役のロバートが、役ではなく本人の名前で出演しているので、ますますその境はあいまいに。
今見ているのは、現実のこと?それとも夢の・・・

降神(おりがみ) ヒップホップのみならず、音楽というモノの表現方法はとにかく自由なんだな、と感じさせられます。なのると志人と心のリリックにしても、onimasやKOR-1らの創り出すトラックにしても(なのると志人のそれぞれのソロ、並びに「月を亡くした王様」にも言えます。あと客演のaqzやMSCの漢やIFKのエローンとかも自由ですよね)。まずこの一点が既存のヒップホップとは違うところ。これリリック付けられるの?と思わせられる不可思議なトラックや、歌モノから正統なラッピング〜ポエトリーリーディングに緩急自在なフロー。降神はチャートに入る種の音楽(とすら呼べないようなモノですが…)とは全く別次元で、逆に真の意味で“音”を“楽”しんでいる印象があります。そしてリリックの内容にしてもそこらのアーティストと違う点、それは“自我(パーソナルな自分)を表現しない”ところ。彼等のリリックは政治・経済から人間の本質・精神、学級崩壊、宗教、テロ、戦争、生と死、くだらない音楽へのDIS、メルヘンな夢物語や一つの小説の様な文才に溢れたモノ…まで実に多彩ですが、志人やなのる“自身”を表すリリックは希少(逆に降神の盟友・MSCは彼等自身のリアルな経験や生活を表すリリックが大半。つまり降神とは真逆)。ある意味彼等の“個のキャラ”に匿名性が出ています。最近むやみやたらに外見やキャラを売り出し、“愛”やら“恋”を語るアーティストが多いし、いかにもノレるトラックで溢れてますが、ならば遭えてそれらの流れとは全く違う表現を追求し続けているオルタナティブなアーティストの方が面白いと思いませんか?ヒップホップに於けるある種の新しい解釈のパンク、それが降神だと思います(TBH周辺やShing02やLibra周辺、Oil Works周辺とかも良いですよね)
(デバイス)DEVICE フォルマ 3way リュック BK/ブラック(EHR-66038BK) なかなか良いです、コストパフォーマンスが高いのが一番の長所。どの場面でも使っていけると思います。

自分の場合、肩にある金属の接続部が肩甲骨にあたって少々痛いですが…

しかし、この値段でかなりの働きをしてくれてるので気にはなりません。是非オススメします。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!