×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


蒼きルーキーロンくんの直撃雑記帖

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.尼子騒兵衛
2.二十四時間の情事
3.女子駅伝
4.花嵐の森ふかく
5.東京電力病院
6.幻のゴール
7.渡り廊下走り隊
8.水野良
9.Eight By
10.岩手

ウォールペーパー・フォー・ザ・ソウル Tahiti 80(タヒチ80)が2002年に発売した2ndアルバム。

前作「パズル」は1stアルバムとしては破格といえる圧倒的な支持を全世界で受けた。

このアルバムはTahiti 80の真価が問われる意味でも全世界が注目する中で発売された2ndアルバムである。

内容としては前作のポップ感はそのままに、オーケストラ・ストリングスを大胆に導入し、壮大な曲が増えたという印象を受ける。

そして、傾向としては前作よりもグルーヴィーな曲が増えた。

その為という表現をすべきか、前作「パズル」が持っていた疾走感が若干失われた気はする。

しかし、それは必然的な変化であり、それがイコール駄目になったという事ではない。

それを補って余りある抜群のメロディの宝庫。

やっぱり、この人達の才能は伊達じゃないね...。

一曲目にダークでスローな表題曲「Wallpaper For the Soul」を持ってきた時点で「パズル」とは違うんだという事を認識させられる。

しかし、二曲目では前作と同等の路線にあるグルーヴィーでポップな名曲「1,000 Times」が炸裂。

以後の曲も静と動が交錯するような展開が少なく無い。

それでも根底にあるポップ感は共通しているのである。

個人的に好きな曲は「1,000 Times」、「Soul Deep」、「Open Book」、「Don't Look Below」、「Memories of the Past」

オー!マイ・ガール!! DVD-BOX どのドラマを見ても結局、みんな里琴ちゃんに食われちゃう(*^-')b
たいした小さな役者だ!

Compass [初回盤限定ナイスプライス!! ボーナストラック収録・国内盤] (BRC259LTD)
全体的には、良かったです。
Jamie Ridellの細い声とか、ジャズっぽい雰囲気の曲もあって、
洗練された曲風には、Jamieのアーティストとしてのセンスを感じられました。

ただ、私は前作「Jim」も購入していて、それがよかったので今作も購入したのですが、
前作とは、あんまり似てないかな〜と思います。
また、今回はプロデューサーにBeckが参加しているそうなのですが、
いくつかBeckを思い出させるような曲も混ざってたと思います。

☆は、4つくらいつけてもいいかもしれないですが、私は「Jim」のほうが好みなので3つにしました。

「Compass」は家で聴く、「Jim」は外で聴く、が雰囲気に合っているかもしれないです。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!