×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

屋根裏の漬物師ポンちゃんのおすすめアイランド

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ハイドライド
2.大山工業
3.耕運機
4.小沢アリス
5.山本道子
6.ジャパンリコール
7.ジョセフ・ウィリアムズ
8.FUJIWARA
9.風味堂
10.大橋未久

ZEPEAL ゼピール 【ひまわり柄】 30cmリビング扇風機(リモコン) DRD-A3312(WH) リモコン付き、風量4段階などの機能の充実度から見て、値段があまりに安いので騙されたつもりで買ってみましたが、組み立てて使ってみると品質に問題なく十分に満足です。値段の安い理由を詮索はしませんが、これは非常にお買い得でした。アマゾンさん有難う。
ブルックナー:交響曲第7番 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団/SACD 私にとってカラヤンの指揮する音楽は、あまり好きではない、否、というか正直なところは大変複雑で、「大好き」なのだが「大嫌い」という感じだ。こんな表現をしても支離滅裂な馬鹿者としか思われなそうだし、自分でも他に適切な表現が思い浮かばないのは情けない。
カラヤンの指揮する音楽は誰の曲であっても、オケがベルリン・フィルであろうとウィーン・フィルであろうと、間違いなくカラヤン・サウンドに染まってしまうし、作曲家の特徴以上にカラヤンの特徴が全面的に表れてくるので、そこがどうしても好きになれない。しかし、カラヤンの作る音楽は、全体構成においても細部の彫琢においても、完璧に美しく、力強く、繊細でありながらスケールが大きく、スマートで恰好良く、抵抗することが出来ないほど魅了されてしまうのだ。
このベルリン・フィルとのブルックナーの7番は、そのカラヤンらしさが完璧に表現された究極の演奏だと思う。
同曲の演奏では、カラヤン最後の録音となったウィーン・フィルとの録音が、最晩年のカラヤンの心の陰影を映し出したかのような切迫した心情の吐露、悠揚迫らぬ神々しさなど、全てを昇華させたような大変な名演奏だし一般的な評価も非常に高い。
それに対して、この録音は、カラヤンが最もカラヤンらしかった時代に、蜜月の時を迎えていたベルリン・フィルと完璧なまでに音楽を磨き上げ完成度を高めたた演奏で、その完成度たるや、もはや全くケチの付けようがないし、考えられないほどに美しい。この録音が、ベルリン・フィルハーモニーホールではなく、ベルリン・イエス・キリスト教会での録音ということも響きの美しさを際立たせている大きな要素の一つだと思う。
それだけに、最もカラヤン臭い演奏とも言えるが、ブルックナーの音楽になかなか馴染めない人には、この究極のカラヤン・スタイルは大変聴きやすいと思う。

kiss~dramatic love story~Music Box kiss~dramatic love story~に収録されている曲が若干消えて、全く違う人の曲が入っています。

kiss~dramatic love story~Music Boxというのであれば、収録曲は変えずに発売するべきでしょう。たとえオルゴールであっても。曲を変えてしまっては、別の曲と変えられたアーティストには失礼です。


☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!