×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
アルプスのパイロットみ~くんのきっちり携帯動画

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.キングコブラ
2.日村勇紀
3.免震
4.KNU23
5.高山巌
6.香椎由宇
7.漫☆画太郎
8.伊東たけし
9.帯状疱疹
10.増設

北斎漫画 <全三巻> 第一巻「江戸百態」 生涯に渡り描き続けた、画狂人北斎の絵手本『北斎漫画』。描けぬものは何もないと言わんばかりに、人物から動植物、職業、市井の暮らしぶり、生活用具、建築物、天候などの自然現象、故事や説話、歴史上の人物、妖怪から幽霊まで描き尽くされている。‘“漫然と描かれた”それらの膨大な描写を、(1)人物・風俗、(2)動植物や自然現象、(3)空想の世界、と3巻に再編成して生まれ変わった「新生・北斎漫画」とも言える。これまで復刻の北斎漫画全15巻を所持していたが、本書では再編成されたことにより北斎の画力がより際だっている。
アイレム レトロゲームミュージックコレクション ブックレットの淡白さ、音源の不備、ループの短さと、このアルバムに関する問題点は他の方が挙げられている通りです。そして、その問題点を看過できないのは「このシリーズが実機の音を余す所なく収録してくれるに違いない」また「過去拾い上げられる可能性の低かったタイトル、あるいは半端にしか取り上げられなかったタイトルの落ち穂拾いをしてくれるに違いない」という期待の高さゆえなのです。

アイレムは特殊な個性をもった作品群と独特な音作りで評価は高かったものの、決してキャッチーではなかったため音源化には恵まれなかったメーカーです。アイレムのファンはそのゲームを愛するが故にしつこく、そしてゲームがそうであったように容赦がありません。

かく言う僕も既発音源を一通りもっていながらこのアルバムを購入したクチですが、理由は明白です。このアルバムには「海底大戦争」「ギャロップ」が収録されているからなのです。「海底大戦争」に関してはアレンジ版がセガサターン用CD-DAで聴けるものの、実機の音はこれが初音源化。「ギャロップ」も過去に「R-TYPE SPECIAL」でアレンジが2曲収録されていましたが、やはり実機の音はこれが初音源化です。

既発音源が存在する他のタイトルも、過去のものは皆エコー処理がかかっていたり疑似ステレオ化してあったりで、実機そのものの音が収録されているものは皆無でした。そこからしてもこのアルバムがどれだけ稀有な価値を持ちえたのかは明らかで、それがケアレスミスとすら思えてしまうような瑕疵によって、珠玉の決定版とならなかったことに失望の色を隠せないファンが多く生まれるのも無理からぬことです。例に漏れず僕もそうでした。「海底大戦争」ボス曲に効果音が入っているのを聴いたときは正直耳を疑いました。

とはいえ、このアルバムには「ギャロップ」が収録されています。幸いにもミスらしいミスはない状態で、しかも長大な1ループがしっかりと収められています。ご存知の方も多いと思いますが、「アンダーカバーコップス」「剣豪」を担当し、後に「メタルスラッグ」を担当する冷牟田氏の手になる疾走感あふれる(そして自機の疾走を邪魔する敵といやらしいマップさえも思い出させる)楽曲群です。僕はその一点においてこのアルバムを購入したことを後悔しません。
そういった特殊な事情でもない限りは、好奇心で手を出さないほうがよいアルバムかもしれません。つまりそれは、そのような特殊な事情があるならば迷わず購入すべきだ、ということでもあるのです。

もっと知りたい葛飾北斎―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション) 富嶽三十六景を見て、それ以外のこの人の作品が見てみたい、何か手頃な本はないかと探していた時にこの本をみつけました。
北斎の年齢とともに作品が紹介されているので、ページを開くと一目でその作品が何歳頃に描かれた作品か解るようになっているのが良いです。(各章の始めには簡単な国内・世界情勢なども添えられていて「北斎32歳・モーツァルト没(36歳、作曲家)」などと見るとちょっと面白いです。)
作品そのものを鑑賞する本というよりも北斎の一生の仕事を簡単にガイドした本という感じです。
有名な「富嶽三十六景」や「北斎漫画」も載っていますが、それは北斎の仕事のほんの一部であるのと同じように数ページの紹介しかありません。
職人の為の櫛やキセルのデザイン、染織家の為の文様デザイン、踊りを学ぶ人の為の振り付け集、スゴロクなどなど、一般の風景画絵師のイメージとはちょっと違う仕事ぶりも見ることができます。
その他、直筆のユニークなイラスト入り借金証文や、娘・阿栄の書いた北斎の死亡通知など作品以外の資料も楽しめます。

それにしても作品には「当初から好評だったようで、その後再版された」的な解説が何度も見られるのに、それと同じくらい「銭が無い」「服も無い」「布一枚で冬を過ごした」とか、何でそんなに貧乏なんだ北斎!

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!