×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エーゲ海のプラトーンよ~ちゃんの栄光の動画館

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.Coldplay
2.Al Pacino
3.戦神
4.初音映莉子
5.ピンナップス
6.魔法遣いに大切なこと
7.猪熊しのぶ
8.伊藤エミ
9.江戸や
10.12モンキーズ

i-mobile
くるぐる使い (角川文庫) とにかくすばらしい。泣く。泣く。そして泣く。
生きるとはそういう事かと。人生とはそういうものかと。愛とはそういうものかと。考えさせられます。
何百回読んでも読み飽きない本当にすばらしい本です。

君へ。―つたえたい気持ち三十七話 (ダ・ヴィンチブックス)  一度は聞いたことがある作家たちの短いエッセーが37話ありどれも、とても丁寧な中身でした。「ダ・ヴィンチ」の連載「日本テレコムマンスリーエッセイ」を1冊にまとめたとのことで、テーマは「コミュニケーション」。テーマはあるものの個性溢れる作家さんたちのエッセーはどれも話の切り口が見事に異なり、誠実さがあふれ、一気に読んでしまうのがもったいない内容が多く、まさに粒ぞろいのエッセー集です。
 人間同士の間でこれほどまでに心があたたまる、時に癒される、または元気がもらえる、または胸を打つ出来事があるのだろうか、それを伝えてくれる作家さんたちの短いページにこめられた文章、エッセーに感動しました。まさに37話、異なる感動がありました。

 今の私には、高橋源一郎氏の「白紙」がずんと胸に突き刺さったような哀しさを感じてます。「白紙」におけるお母様の話は短い話なのに鮮烈でした。

 精神的に疲労を感じた時とか、つい人間不信に陥りそうな時とか、また本書をパラパラとめくってみたいなと読後は思う。人との関わりで感じる気まずさがあっておかしくない、また人と心と心が近く思えた時の嬉しさが本書を読んで思い出せるんじゃないか・・とそんな本でもあると思いました。またまだ読んでなくて人との関係で気まずさを感じてる人にもおすすめの本です。


新人 筋少はアルバムジャケットも楽しみの一つですが、新人のジャケットいいですねぇ!
橘高の攻撃的なギターも健在!プレイスタイルもルックス面もポリシーを突き通し変わらないってすごいしカッコイイ!
やっぱり橘高のギターファンなら聞かなくてもいい筋少のアルバムなんて一つもない!

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!