×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

太陽の黒幕け~くんのじっくり動画ちゃんねる

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.久米三四郎
2.ダニー・ボーイ
3.カーネーション
4.さよなら絶望先生
5.金利
6.ながいけん
7.速水螺旋人
8.西村京太郎
9.愛はふしぎさ
10.電車でGO

永山流 水彩画法 -永山裕子 果物と紫陽花を描く- [DVD]  前作よりは聴きとりやすくなっているとは言え、講師としてしゃべっているわけでもなく独り言でもないという、中途半端な解説は相変わらず気になります。ポイントをテロップで表示するとか、何か工夫がほしいですね。塩を使った効果の出し方は前作でも紹介されたテクニックなので、別のものが見たかったです。

 おまけとして実際の写真と完成した水彩画が両面印刷されたものが同封されているのは参考になります。また水張り作業の実際も、この人のやり方ですが、なかなか良いです。作品がだんだん完成されていく工程は見応えがあり、さすがプロと思いました。

 辛口コメントで申し訳なかったですが、内容的には素晴らしいものなので、水彩画をどう描き進めていけばいいのか悩んでいる方にはとても参考になると思います。次回作に期待したいところです。

妹先生 渚 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス) 剣道エピソードに関しては
渚の考え方には共感できかねる部分も。
「剣道に試されてると思って」明らかに体育会系の意見だ。
・・・正直藤田先生のからくりサーカス
「現実に人を待っている」という考え方の方が好きだ。
 武道が人を選ぶのではなく、人が武道を選ぶのだと思う。
 武道とは周りが思っている程高尚なものじゃなく、
 もっと人に身近なモノだと考える方が素敵だ。
 梶が自分の意思で剣道を(しかも暴力の手段と口実に)選んだのに対し、
 なぜ他の部員は剣道に試されなければならないのか?
 この点は武道経験者として納得できなかった。
・・・とは言え梶のタレにはちゃんと名前が入っていて、
日高達新入部員のタレには名前が入っていないという細かさも光るのだが。

帰還した光路郎はさらっと必要以上に
出張れないように行動に制約を掛ける巧さもなかなかだが
個人的には雀のエピソードが面白かった。
前作でもそういう話は多少あったが妖精さんなんてありえねーと
読んでいる時は思っていたが光路郎の子供達からはそう見えていた、
というオチが上手い!作者のストーリーデリングの巧さも20年前より洗練されてる。

後今巻を語るうえで最後に収録されたエピソードは
前作の最終エピソードでも「そういう雰囲気」っぽく描かれていた渚と原の関係にも決着。
前作からの貯金を惜しむことなく使い前作組はなんと続投キャラはオールキャスト、
非常に「らしい」エピソードだったと思う。

Blue サウンドプロダクションは、打ち込みだが、あくまで本人の声と楽器の響きを大事にしたアレンジとミックス。オンマイク気味の発声が心地よく、正に耳元でささやかれてるような歌声。アコースティックなスロー、デジタルなロックサウンドと変幻自在に歌い分ける力は中々のもの。当世風のR&B風をあえて避けたのは大正解。曲と詞もいい。中島美嘉の扇情的でべとついた歌い方や平原綾香の歌い方がわざとらしくてうっとうしく感じられる方は、是非こちらをお勧めします。歌手になったのは当然といえる出来栄え。
☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!