×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

北海の大魔神カールちゃんの情熱動画館

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.STRIKE
2.めだか
3.高橋愛
4.ロボッツ
5.白い滑走路
6.山上たつひこ
7.浜田ブリトニー
8.山口美央子
9.堺屋太一
10.坂下千里子


警官の条件  前作,「警官の血」の後日談です。主人公の安城と彼が告発した加賀谷のその後の話から始まります。さらに,ちょっとですが元の恋人も登場します。覚醒剤を扱う新しい勢力を警察が追求することが主題です。従来の捜査方法や情報源が通用しないために捜査が遅遅として進まず,捜査の効率を上げるために警察組織をいじくり,かえって縦割りの組織の弊害が出て非効率な捜査が続く様子が描かれ続けます。
 大変長い作品ですが,「終戦からの警察組織の成り立ち,そして現在に至るまでの壮大な流れおよびそこで生きてきた親子三代の警察官を描いた警官の血」と比べるとスケールが小さく,感動もあまりありません。話も警察組織の内部事情と地道な捜査状況の描写が延々と続き,テンポも悪いので話の中に引き込まれません。しかし,これは戦争から再起したダイナミックな日本と制度疲労から道を模索している現在を象徴した作品ともとらえることができると思います。

警官の血〈上〉 (新潮文庫) 待望の文庫化。
前評判が良かったので、かなり期待して読み始めましたが、期待通りの作品でした。

昭和、戦後の混乱期から現在まで、3代に渡る警官の大河小説なのですが、その時々の社会不安の現況。

戦後復興前の混乱期、学生による共産党運動、平成の暴力団の台頭など、戦後の警察記の様相も含まれており、60年以上にわたる日本の犯罪史を作品から垣間見ることが出来る。

その中で、一人一人の警官としての生き方、人間としての職業倫理なども深く掘り下げてあり、特に人物が描ききられている。

その中で3代に渡る血をめぐる大きなテ−マが流れており、作品の骨格を太いものにしており、読み出したらやめられない、面白さがあふれている。

推理小説とも違う、警察小説のひとつの完成形とも言える作品であると思う。

上下2冊、ボリュ−ムは十分!!
そのペ−ジ数に負けない、充実の作品

ザ・インタープリター [DVD] 国連を舞台にアフリカの某国の陰謀がメインのサスペンスに違いないが、同時に過去に深い心の傷を持つ男と女の物語でもあった。絶対「一線を越える」と思って観ていた私は肩透かしをくらいました。お互いの心を理解し傷口を癒し合える人間にめぐり合った心の安らぎを得るとこまでの関係だった。特にラストのショーンの表情に感動した。

何と言っても国連での映像は圧巻でした。この作品の見所の一つでしょう。問題解決には、両極端の解決策「外交」か「マシンガン」か。まさに今、国連の存在感を改めて考えるきっかけになるはずです。アナン事務総長が国連内部での撮影を許可しただけあって、その辺のメッセージは充分伝わってきた。

いつもと異なっていたのは飾り気の無いニコール・キッドマン。女の過去と男の過去が絡み合う、抑えに抑えたロマンスでしたが、実にゴージャスな物語に仕上がっていました。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!