×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
杉本ビルメンかんくんのおもしろ動画王国

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.不正アクセス
2.六門天外モンコレナイト
3.ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還
4.10000 Maniacs
5.ジャドーズ
6.ゲートキーパーズ
7.僕とあたしの境界線
8.島崎藤村
9.妻の恋
10.デスクリムゾン

ブラザー イン アームズ ヘルズハイウェイ 題材は、連合軍がオランダ領内で実施した”マーケット・ガーデン作戦”で
ノルマンディー上陸作戦の3ヵ月後に連合軍が実施したドイツ領内への進路確保を目的とする
ふたつの奇襲作戦の総称です。 大規模な空挺師団を投入してオランダ領内の複数の橋を
奪取(マーケット作戦)、その橋を利用して機甲部隊を一気にドイツ領内に送り込む
(ガーデン作戦)予定でした。

しかし、ドイツ軍の頑強な抵抗に遭い、9日間で多数の戦死者を出す結果となったのです。
ヘルズハイウェイとはその激戦の場所で呼ばれた名称で当時の方の証言、考証を基に
ステージから戦争の史実、現実、非情を可能な限りゲームで再現しようと開発陣も拘ったそうです。

そのひとつでもある、爆弾などによる人体の部位損失、出血などそうです。
この日本語版ではCERO D区分に落としてゴア表現は一切カットされています。

この表現カットをどう取るかは人それぞれだとは思いますが、
私個人としてはせっかくシングルプレイが結構良く出来ているのにどうして
カットするんだろう? と感じました。

CEROレーティングDやZと区分する訳ですから、このテの表現、いわば
ゲームとしての完成型の一部をイジるというのは反対です。

何の為のレーティングか分かりません。

こういうカットをすれば、少なくとも修整のされていない英語版を買おうかなとか
少なからずこの日本版の売り上げにとってもマイナスな筈です。
ユーザーとしては出来れば、本国仕様と同じ、オリジナルでプレイしたいのです。

日本隔離サーバーも同じです。こういう要素もマイナスになるという事です。

肝心のゲームの評価ですが、COD4など突撃系ではありませんので、
そういう戦争ゲームを期待している方は避けたほうが無難です。

しっかりと作戦を考えて、回り込んだり、裏から攻めるなど攻略性もあり
ストーリーもそれなりに描かれているので、じっくり楽しみたい人向けです。
その点でシングルプレイは良く出来ていますが、マルチプレイはシングルに比べて
インパクトが薄いのは否めないかもしれません。

フルボイスは分かりやすいので良い面もありますが、英語音声で日本語字幕が好きな
人からすると、臨場感を損なうという方もいるかもしれませんね、、

とにかく、ゴア表現のカットと隔離サーバー、この2点は残念です。



塩狩峠 (新潮文庫)  この本は、多くの方がご指摘なさるように著者の宗教観があらわれていたり、聖書の言葉が作中のいたるところにちりばめられたりしていて、中には嫌悪感を催される方もいるかもしれない。確かにクリスチャンでない私にとってみても、馴染みのない聖書の言葉は多少読みづらかったのも事実である。
 だが、私は「塩狩峠」を単なる宗教色の濃い作品として、途中で読書を断念しなくてよかったと思っている。なぜなら、主人公信夫の悩みや葛藤は、誰もが経験したことのあるようなものだからだ。信夫が最終的に志したのが牧師であったことを除けば、すべて自分自身が物語の主人公になったような気分で、一言一言が私の体にしみこんでくるような感覚を覚えた。
 私はこれほどまでに作品を印象的にしたのは、親友吉川の存在であると考えている。主人公は、氏族の家系で比較的裕福、妹は健常者、華奢な体つきである一方、吉川は貧乏な家庭、妹が身体障害者、がっちりした体つき、と対称的に描かれている。また、吉川は信夫にはない成熟した考えも持っている。主人公を感化するには、あまりに大きい存在だった。現に、主人公が聖書を読み、牧師を志すきっかけを与えたのは紛れもなく吉川である。つまり、列車の乗客の命を救った信夫を信夫たらしめたのは吉川なのではないだろうか。
 最後になるが、信夫が乗客を救う場面は圧巻である。自分が事故の目撃者であるかのような錯覚に陥らせるような迫力があった。この作品は、他にもいろいろな物語としてとらえることもできる。友情、然り。愛、然り。人生、然り。後は、これから読む人次第、十人十色の楽しみ方があると思う。

氷点 DVD-BOX  このドラマは三浦綾子原作「氷点」をドラマ化したものです。
 以前にこの原作をドラマ化したものに「氷点2001」というドラマがありました。しかし「氷点2001」はただ単に養母から娘へのいじめに焦点を当てただけの凡作でした。「氷点2001」に比較するとこのドラマは原作に忠実で、しかも原作の「キリスト教の原罪」というテーマを深く掘り下げた完成度の高い作品に仕上がっていると思います。

 この作品では私は陽子の健気で潔癖な生き方が大好きです。このドラマでは陽子の幼少時代を演じた森迫永依、陽子の成年時代を演じた石原さとみが共にすばらしい演技で期待を裏切りませんでした。陽子の、養母のいじめに遭いながらも前向きに明るく生きようとするたくましさ、自分の出生の秘密に悩み傷つきながらも潔癖に生きようとする姿勢には感動しました。
 後半部分では陽子が義理の兄とボーイフレンドとの間の恋愛模様に悩む姿もあり、恋愛ドラマとしても楽しめる要素が多分にあります。
 北海道の雄大な自然描写とも相まって心に残る名作だと思います。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!