×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

推定フィクサーうさくんのお気に入り携帯動画館

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.桂遊生丸
2.宮本恒靖
3.フローリング
4.フランケンシュタインの逆襲
5.シュロモ・ミンツ
6.梶原雄太
7.RePure
8.KEN川崎
9.漆原友紀
10.玉森裕太

オールドボーイ―ルーズ戦記 (8) (Action comics) 何の予備知識もなく読んでいて浦沢氏の漫画20世紀少年に似ているなと思った。
小学校時代の一方的な怨念から、同級生を執拗に追い詰める仮名堂島は
まさに主人公ケンヂを追いかけるトモダチのよう。

まあどちらがパクったとかいう話はどうでもいいとして、物語の構図としては
非常に20世紀少年に似通っています。
仮名堂島が浦沢氏のMonsterに出てくる刑事に似ているように、
どことなく、作画も浦沢氏の絵に似ているような・・・というか構図などは浦沢氏
を上回っているかもしれません。
この作画のハッタリの素晴らしさがなければこの漫画自体、興をそがれるものに
なっていたでしょう。

で話というかか、オチはある意味、20世紀少年と同じく、え、そんな理由で10年も
監禁していたの?というような、はっきり言えば同じがっかり感はありました。

しかし、本題は途中にでてきた副題のルーズ戦記の説明にあるとおもいます。
現代人は生きている実感がないから、他人と精神の優劣をぶつけあわせてルーズな
戦争をし続けている。たかが居酒屋アルバイトのエリが唐突に人生哲学なような
ことを口走る作中にこそ、狩撫麻礼氏の主張がところどころにこめられており
現代社会批判が散りばめられているのではないでしょうか。

確かに、ミステリーとしてはオチに不満はあるものの、20世紀少年やMonsterのように
風呂敷を広げている間は、非常に魅力的な創作劇です。

トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD] この映画を観ても深いストーリーに感銘をうけるわけでも全篇に渡って散りばめられた伏線を回収して喜べるわけでもない。

カッコいいヒーローが地球滅亡を狙い暗躍する悪役をやっつける。

ただそれだけの映画である、だがそれがいい。
そしてそんなことに莫大な費用と労力をかけて真剣に創ってしまえるところも含めて
ハリウッドだから出来る良質のエンターテイメントといえるだろう。

言ってしまえば最高の食材を使い最高のシェフが作ったジャンクフードのようなものだ。究極の無駄であり贅沢なのだ。

とにかく出てくるギミックが全てカッコいい。軍の兵器もトランスフォームのシーンも男子諸君だったら胸が熱くなるような要素がテンコモリである。

頭を空っぽにして見るべき超大作、トランスフォーマーはまさにそういう映画だ。
ミステリや凝ったホラー映画などもいいがたまには肩の力を抜いてこうゆう映画を見てみてはいかがだろうか。

smart特別編集 シルバーアクセ最強読本22 (e-MOOK) クロムハーツ好きの参考書、何をどうして選ぶか、選ぶポイントがよくわかる読本でした。購入店の迅速、丁寧な対応にも感謝しております。購入してよかった。
☆人気サイトランキング☆



[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!